薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が一般企業への転職で失敗しないために

薬剤師が一般企業への転職で失敗しないために

調剤薬局やドラッグストア、病院が薬剤師の主な活躍の場所だと思いますが、一般企業の薬剤師に憧れている方も少なくないようです。一般企業での薬剤師の仕事と言うと、医薬品卸、化粧品メーカー、製薬会社、CROなどの仕事になりますが、この手の企業に転職をしようと思った場合、何か注意点などはあるのでしょうか?今回は一般企業への転職で失敗をしたくない人に向けて、大手転職エージェントなどの求人情報や、転職支援のプロであるキャリアコンサルタントの言葉を参考に、薬剤師が一般企業へ転職するときのポイントをまとめてみたいと思います。

■情報源の確保が第一に重要
大前提として覚えていただきたいのですが、一般企業へ薬剤師として転職をしたい場合は、情報源の確保が第一に重要になってきます。医薬品卸、化粧品メーカー、製薬会社、食品メーカーなど一般企業から出る薬剤師募集の求人は数そのものが極めて少ないので、自力ではなかなか求人数を確保できないからです。

一般企業での薬剤師仕事は、主に管理の業務になります。ただ、管理の業務は企業もそれほど人材を必要としないので、求人数が極めて限定されてしまします。そう考えると第一に求人をどれだけ確保できるかが、成功と失敗の分かれ目になると分かります。どんな形でもいいので、一般企業の薬剤師求人を確保するための情報源を持ってください。

■薬剤師としてのこだわりを捨てられるか
また、一般企業への転職を考える場合、薬剤師としてのこだわりをどれだけ捨てられるかも重要だといいます。医薬品卸、化粧品メーカー、食品メーカーなど一般企業の薬剤師は、任される業務は事務仕事が多いです。書類整理であったり、関係部署の調整のような業務であったり、DI業務であったり、MSの指導的な業務であったりと、薬剤師という肩書には似合わない業務ばかりを担当するケースがほとんどです。

企業の側も“医療従事者”や“研究者”の薬剤師を求めているわけではないので、採用面接の際に医療現場の薬剤師としてのこだわりを出し過ぎてしまうと、「使いづらい」と嫌われてしまう可能性があります。薬剤師としての専門性は大事ですが、何でもするというくらいの柔軟性を持って採用試験や採用面接にのぞまないと、採用は厳しいかもしれません。

以上、一般企業に転職を希望する薬剤師が失敗しないための注意点をまとめましたが、いかがでしたか?第一に一般企業への転職は求人が少ないので、いかに求人数を確保するか、第二に求人を見付けたら、いかに“医療従事者”や“研究者”としてのこだわりを捨てられるか、この2つが重要です。自力で求人を集められるような情報源がない場合は、民間企業が運営する転職エージェントのようなサービスを利用してもいいと思います。いろいろなチャネルで求人を集めてみてください。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.