薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> ドラッグストアへの転職で失敗しないために

薬剤師がドラッグストアへの転職で失敗しないために

薬剤師の主な職場にドラッグストアがあります。数を見ても求人数を見ても、調剤薬局と並ぶ薬剤師の活躍の場所です。例えば病院薬剤師から産休を挟んでドラッグストアの薬剤師に転職する人も居るはずですし、ドラッグストアから別のドラッグストアへ移る人も居るはずです。その意味でドラッグストアは薬剤師にとって一度は転職を意識する場所だといえるかもしれませんが、実際にドラッグストアに移ろうと思ったら、多い多いといってもどの程度求人が出ているのでしょうか?また、採用の難易度はどの程度なのか、気になる方も多いと思います。そこで今回は、大手転職エージェントやハローワークに集まる求人情報を基に、ドラッグストアの求人状況と難易度や、応募時の注意点などをまとめてみたいと思います。

■情報の収集ツールが不可欠
最初に覚えておきたいのですが、ドラッグストアに転職を考える場合は、情報源の確保が不可欠となります。やはり予想通り、ドラッグストアの薬剤師求人は、多過ぎるという特徴があるからです。ドラッグストアの市場規模は頭打ちになっているという意見もありますが、いまだに右肩上がりで来ています。店舗数も全国に1万7千カ所以上存在していますし、どこも薬剤師が必要なので、潜在的に膨大な求人ニーズがあるのです。

そうしたドラッグストアの薬剤師求人を一人で全て把握しようと思っても不可能です。最後は面倒くさくなって、適当な求人で決着を付けてしまう恐れもあります。そういった意味でも、ドラッグストアの薬剤師求人は転職エージェントやハローワークなど、人材募集の情報が1カ所に集まるサービスを利用して、比較検討しながら選ぶ必要があります。

■転職エージェントとは?
ちなみに、転職エージェントとは何なのでしょうか。ご存じの方も多い方と思いますが念のため説明をすると、ハローワークの民間版といった感じになります。もちろん民間サービスなのでハローワーク以上に丁寧なサービスが期待できす。民間サービスと聞くと登録料や利用料金が発生するような気がしますが、何度利用しても無料です。膨大なドラッグストア求人の中から自分にとって最適の場所を探す手伝いをしてくれるので、利用を検討してみるといいかもしれません。

以上、ドラッグストアへの転職で失敗をしないためのポイントをご紹介しました。ドラッグストアは数が多く、どこも慢性的に薬剤師を募集している状況なので、求人を1人で探そうとしても多過ぎて逆に混乱してしまう可能性があります。手近な場所で手を打ってしまうのではなく、売り手市場を生かして高の居場所を見付けてください。その方が職場満足度も高まりますし、生涯年収も変わってくるはずです。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.