薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が未経験の転職で失敗しないために

薬剤師が未経験の転職で失敗しないために

調剤薬局から病院へ、ドラッグストアから製薬会社や開発業務委託機関(CRO)へ、あるいは医薬品卸の管理薬剤師業務などへと、未経験の分野へ転職を考えている薬剤師の方は少なくないと思います。ただ、薬剤師といえども未経験の業界への転職は、特別な対策をしなければ不採用になってしまう可能性が一般的に高くなります。そこで今回は、大手転職エージェントに勤務するキャリアコンサルタントなどの言葉を参考に、未経験分野への薬剤師転職で失敗しないためのポイントをまとめたいと思います。

■事前の情報収集が全て
薬剤師の未経験分野への転職で注意したいポイントは、事前の情報収集にあります。情報収集とは大まかに2種類あって、人材を募集している企業なり医療機関なりの業務に関する情報収集があって、もう1つはその企業なり医療機関がどのような人材を欲しているかの情報収集があります。

前者の業務に関する情報収集は言い換えれば、転職後に実際どういった仕事を自分が担当するのかについての調査になります。仕事内容を未経験なりにも勉強しておかないと、採用面接で抽象的な話しかできません。あらゆるチャンネルを使って、仕事内容を調べてください。

後者の人材像に関する情報とは、企業や組織がどのような人材を求めているのかに関する詳細なデータになります。仮に経験者を優遇する求人であっても、採用者の本音では「○○であれば未経験者でも採用を考える」といったイメージがある場合も多いです。その○○の部分が分かれば、自分を売り込む形も変えられるので採用の可能性は高まります。

■自力で情報を得られない場合は
ただ、以上のような情報を外部の人間が取ってくるとなると、それなりの技術が必要になってきます。独自の人脈がある場合は別ですが、何もない場合は薬剤師専門の転職エージェントのようなサービスに登録して、担当のキャリアコンサルタントや営業担当者に情報を教えてもらった方が手っ取り早いです。しかも無料で情報を受け取れます。事前調査に利用してみてもいいかもしれません。

薬剤師が未経験の分野へ転職をする際に失敗しないポイントをまとめましたが、いかがでしたでしょうか?何となく応募するだけでは、よほど学歴や実績が優れていない限り、採用は厳しいので、情報収集をしてしっかりと対策を練った方がいいでしょう。取れる情報は何でも取るくらいの心構えで、未経験の分野に挑戦してみてください。未経験を挽回(ばんかい)できるかもしれません。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.