薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が転職時の面接で失敗しないために

薬剤師が転職時の面接で失敗しないために

薬剤師の方が転職を行う際、面接は採用に関して他の業種よりも大きなウエイトを占めるものになります。というのも、薬剤師の仕事の内容で、患者さんと話をする時間は非常に多く、そのために高いコミュニケーション能力が必要とされるからなのです。このため、企業として欲しい人材も、なるべくならばコミュニケーション能力の高い薬剤師を、ということになってきます。ですから、面接に臨む薬剤師は、失敗しないためのポイントを抑えて面接に臨む必要があります。

転職をしている薬剤師の方は、自身が転職をする理由を面接までの間に用意しておく必要があります。また、その理由は、企業が「納得する」理由でないといけません。例えば、転職を今までに3回行っている薬剤師の方は「なぜ3回の転職を行ったのか?」という理由を、企業が納得する内容で伝えないといけないのです。

よく面接の際に、前職の職場の不満を話したり、自分の置かれている現状を話し出す方がおられますが、これは面接においては非常にネガティブな印象を持たれてしまいがちです。また、そのような印象を持たれるだけではなく、それらの不満は不満でしかなく、「前職を退職した『理由』」にはなっていないので、企業側に伝えたいことが伝わらないまま面接が終わってしまうことになってしまいます。

もちろん、そのような不満を持って転職活動に当たっているという人や、前職での不満が原因で退職をしたという人は大勢いるものです。しかしどれだけ本当のことであったとしても、それは面接の際そのまま伝えることはせずに、表現をポジティブなものに変え、また、「企業の人事担当者が納得できる」理由として伝えていく必要があるのです。

このように、面接で自分の志望動機や退職理由をうまく伝えるというのは、難易度の高いものです。けれど、これを突破しないことには、採用の門戸は開かれません。そこで面接に慣れていない薬剤師の方は、薬剤師専門の転職サイトに登録を行うと、その糸口をうまく掴むことができるかもしれません。面接におけるノウハウや、「あなたの場合はここでこう答えるべき」という内容のアドバイスを転職専門サイトではコンサルタントが丁寧に教えてくれるからです。サイトによっては、コンサルタントがあなたの近くまで足を運び、顔を合わせながらきちんとアドバイスを行うサイトもあります。サイトを積極的に活用し、より良い転職活動を送っていきましょう。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.