薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が調剤薬局への転職で失敗しないために

薬剤師が調剤薬局への転職で失敗しないために

調剤薬局は全国に5万4千以上あるといいます。コンビニエンスストアが5万件なので、その数の多さがよく分かると思いますが、就業場所の数や規模から考えて薬剤師にとっては最も身近な職場なのではないでしょうか?ただ、逆に数が多過ぎるので、転職を考えた場合にミスマッチが起きるリスクも高くなったりします。そこでこのページでは、大手転職エージェントのキャリアコンサルタントや薬局の採用担当者の声を基に、調剤薬局への転職で失敗しないためのポイントをまとめてみたいと思います。

■職場の雰囲気を事前に調べるべき
調剤薬局の転職で失敗しないために注意したいポイントは、職場の雰囲気です。薬局の風土や文化といえるかもしれません。調剤薬局によって1日の処方せん枚数、年収、出勤時間、休日や休暇、賞与の金額など細かい違いはたくさんありますが、最も違ってくるポイントは職場の雰囲気であり、薬局長や管理薬剤師の経営スタイルになります。 その辺りが合わないと、給料などが他の薬局より良かったとしても、結局は長続きしないケースが多いといいます。だからこそ調剤薬局へ転職する際は、事前に職場の雰囲気を入念にチェックしておくべきなのです。

■調剤薬局の雰囲気を調べるには
ただ、調剤薬局の雰囲気や経営スタイルを事前に調べるといっても、簡単ではないと思います。応募したい職場に知り合いが居たり、昔その薬局で働いていた薬剤師と個人的に親交があったりすればいいのですが、多くの場合はそのような人脈もなく、事前調査が難しいと思います。その点、転職エージェントは便利です。利用者である皆さんが応募前に調剤薬局の雰囲気を知りたいとお願いすれば、可能な限り正確に教えてもらえます。しかも無料で教えてくれるので、薬剤師の転職でその手のサービスが人気な理由も、お分かりいただけるのではないでしょうか? 

以上が、調剤薬局の転職で失敗しないためのポイントとなります。調剤薬局はそれ自体の数が多いので、いろいろな薬局長や管理薬剤師が居ます。薬局長の人がらや経営方針に違和感を覚えてしまえば、不満を感じて早期退職のリスクも高まってしまうかもしれません。調剤薬局は多くの場合、物理的にも狭い場所で働くので、職場の雰囲気は大事です。応募する前には条件面をチェックするとともに、職場の雰囲気もしっかりとリサーチしておきたいです。自力でできないのならば、転職エージェントの利用を検討してみてください。それほど重要な問題です。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.