薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が転職時の履歴書で失敗しないために

薬剤師が転職時の履歴書で失敗しないために

今まで就職活動をしたことがある方にはお馴染みの履歴書。薬剤師の方においても、転職を行う際には面接が必要になるわけですから、当然履歴書は必要となってきます。薬剤師の方がこれから転職活動をしていく際、履歴書の書き方のポイントを知っておくだけでも他の人と差別化を図ることが可能になります。

まず使用する履歴書を選ぶ場合、「相手が見る」ことを考えてその種類を選ぶようにしましょう。薬剤師の方が「転職」をするということは、「前職の経歴が付随している」ということになります。もしも経歴書と履歴書が別になっていたら、数多くの薬剤師を採用するような場合、企業の人事や面接官が目を通す際に一手間もふた手間も掛かってしまうことになります。経歴書と履歴書はなるべく一体になっているものを選ぶとよいでしょう。少し大きな文房具店に行くか、ネットの通販などで履歴書の種類が多いところを探すようにしましょう。

また、履歴書の空欄を埋めようと考えるばかりでは、企業が注目したい情報をわかりにくく伝えてしまうことにもなってしまいかねません。冗長過ぎる文章はなるべく避けて、求人内容を見直しながら、「この企業が求める薬剤師とは?」というところにポイントを置いて、「企業が欲しがっている情報」を「わかりやすく」記入していくことが重要です。

また、転職先の業務内容が未経験の場合でも、前職についての経験はあるわけですから、前職の経験を、未経験の中どのように生かしていきたいのか、前職で培った経験は転職後どのように形を変えて貢献していけるものになるのかを書いていくと好印象になります。ただ「未経験なので…」と書くよりも、転職に積極的であり、前向きであるという姿勢が文章からも読み取れるようになるからなのです。

これらのノウハウを生かして履歴書を書いていけばよいのですが、転職活動を始めたばかりの方は、これだけでは不十分な場合もありますよね。そんな時は、薬剤師を専門とした転職サイトに登録をし、サイトに記載されている内容に即して履歴書の書き方を学び直すのもよいでしょう。また、多くの転職サイトでは、プロのコンサルタントが丁寧にアドバイスを行ってくれるところも多いので、アドバイスを受けながら履歴書の作成を行うのもよいでしょう。サイトによっては、面接当日に企業まで同行してくれるコンサルタントもあります。登録するメリットを最大限に生かして、あなたの転職活動をより良いものにしていきましょう。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.