薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト

薬剤師転職サイトTOP >> 転職前におさえよう >> 薬剤師が製薬会社への転職で失敗しないために

薬剤師が製薬会社への転職で失敗しないために

薬剤師の憧れる転職先の1つに、製薬会社があります。もしかすると読者の皆さんの中には、製薬会社へ移ろうと今まさに準備をしている人が居るかもしれません。ただ、製薬会社はかなりハードルが高いので、本気で転職を考えているのならば、しっかりとした対策を練らなければいけません。このページでは、薬剤師の転職をサポートする転職エージェントの情報を参考に、製薬会社への転職で失敗しないための注意点をまとめてみたいと思います。

■薬剤師としてのこだわりを捨てた方が採用の可能性は高くなる
製薬会社へ転職を考えている人の中には、病院薬剤師や調剤薬局の薬剤師など、医療関係者の薬剤師が多いと思いますが、製薬会社に中途採用で転職を考えているのならば、「医療従事者や薬剤師としてのこだわり」を捨てた方が成功に近付ける場合が多いといいます。例えば中途採用で応募可能な製薬会社の仕事にMRがあります。ただ、MRは医療関係者でなくても認定試験(薬剤師は免除科目あり)に合格した人であれば、誰でもチャレンジできます。

他には治験関係の業務でCRAもありますが、こちらも薬剤師の国家資格は必要ありません。看護師などさまざまなバックグランドを持つ人が集まっており、薬剤師出身の人“も”多いというだけです。狭き門で中途採用は基本的にあり得ませんが、製薬会社の研究職であっても薬学部の専売特許ではありません。要するに、中途採用で応募できる製薬会社の仕事は、薬剤師でなくても応募できる業務ばかりなのです。薬剤師としての誇りやこだわりを持ち過ぎていると、かえって選択肢の幅を狭めだけでなく、採用担当者から使いにくい人材だと評価されて不採用になってしまうリスクが高まってしまいます。

■何でもやるという姿勢が評価される
さらに中途採用で潜り込める製薬会社の仕事は全て、コミュニケーション能力やビジネススキル、英語力などが求められます。「自分は営業が苦手だ」「コミュニケーションはあまり得意な方ではない」「ビジネスの世界はよく分からない」という苦手意識がある薬剤師は、かえって採用されてしまった場合に不幸な毎日が待っているのです。

実際、CRAやMRにせっかく転職できたのに1年目で辞めてしまう人も少なくありません。薬剤師のみなさんが製薬会社に中途採用で潜り込もうとしたら、薬剤師や医療従事者のプライドやこだわりを捨て、何でも挑戦するという柔軟性を持てるかどうかが重要になってきます。応募する前に、あらためて自分の心と対話してみるといいかもしれませんね。

>>薬剤師さんの転職実現の近道!求人サイトランキングを見る


▲このページの上部へ

Copyright (C) 2013-2018 薬剤師さんが転職に失敗しないためのサイト All Rights Reserved.